FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
続☆城下町の町人たち
昨日の続編です


昨日 高校の先輩にあたる運命のお客様と

運命的な出会いを果たしたわけですが(*昨日の日記参照)


今日

立て続けに 5人のお客様と会いまして

あの 私は一応営業なんですけど

名前と顔を覚えるのがすごーーーく苦手なんです

初対面はまだいい

名刺があるから

なんとか頑張れます


以前会った人で 名前を名乗ってくださらないお客様はホントに頭の中が忙しいです

誰だろ誰だろって 

頭の中をいろんな顔といろんな場面といろんな名前が

右往左往して 

やや 挙動不審な人になってしまいます



以前 ホントに サイテーだと思った出来事は

何度も会ったことのあるお客さんで 1度宴会の席も共にした客さんに

久しぶりに偶然会ったんですよ


私に気づいてなかったみたいだったので

「品川さん!! お久しぶりです!!!!」

と思いっきり 元気に挨拶しました


品川さんであるはずのその方は苦笑いして

「庄司ですよ・・・・・・(苦笑)」



さびしそうに 言われました(ちなみに名前は仮名です)



やっちゃった

やっちゃいました

名前を間違ったんじゃなくて

心からその方を 品川さんと識別しました

私の中で間違いなく彼は品川さんでした



これは 完全に 記憶のすり替えです


よくお会いしてた時は 『庄司さん』としてお会いしてたんですけど

久しぶりに会うと なんか びびっと来たんです

この人は品川さんだと!
(ちなみに品川さんは 別のお客さん)


そのあとの会話は なんとか笑ってごまかしましたが

サイテーです



20070407_046_convert_20080319230600.jpg
大きい公園にはこういう建物があって 中で楽器を弾いたり歌ったり将棋したりしてるのをよく見かけます



日々 そんな感じで 毎日が過ぎていくんですけど

今日も 5人のお客様とお話が終わり

席を立って 

事務所に戻ろうかとしたところ



前のほうに 見た事のある顔がありました

あ!これは私が担当したお客様だ

だれだろ

だれだろ

うーーーーーーん

思い出せない

とりあえず いつものお約束で


「こんばんはーーーー ご無沙汰しておりまーーーす」

と明るく挨拶した

こういう風に挨拶しとけば とりあえず問題ない

はずだったのに

その方の顔がちょっとこわばったようにも見えた

でも まだ思い出せない




そして なんとか ヒントを探し出そうといくつか会話を交わし

あ!

っとひらめきました


その方は

な なんと

もうわかってると思うけど

昨日お会いしたばかりの 城下町の町人でした





やべ

やべーーーーーーーーーーーーー



昨日会ったばかりなのに

ご無沙汰しておりマーーース

って明るく笑顔で言うてしもうた


隣の中学校だったのに

同じ高校だったのに

昨日あったばかりなのに

あんなに興奮したのに

ご無沙汰しておりマーーーーーース

です



ちょっと 怪しい人と思われたかもしれないですけど

気を取り直していただき

同じ会社の方に うれしそうに

「こちら 高校の後輩のバガボンダさん」

と紹介していただきました


こういう風に覚えてくださってるのに

ご無沙汰しておりマーースと言った自分を

心から 恥ずかしく思いました

どうしたら 人の顔を覚えれるようになるのかな

一回で顔を覚えられる人って ホントすごいなあ

と思う営業ライフなのです

スポンサーサイト



FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。