*All archives* |  *Admin*

2008/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんでもないようなこと
時間



場所



感情





b2095523cfee1700_o.jpg






それらが偶然に出会って

自然に絡み合って

出来事になり

忘れられない思い出になる


スポンサーサイト
後任突然現る


おはようございます

やっと土曜日です


2週間前の月曜日

突然 後任さんが来ました

何の準備もしてないのに

何の前触れもなく



突然

本当に突然


ボスが


今日から新しい人来るから 引き継ぎヨロシク


といいはなち

その1時間後 本当に後任の方がいらっしゃいました


引き継ぎヨロシクって


アホか!


ちょっといらっとしたけど

1時間超集中し 引継ぎ書を完成させました

人間やれば何でもできる


そう強く実感した月曜日でした




4de25fc67b07ffd9_o.jpg
オリンピック広場前 パークソン



そういうことで 後任が決まりました


木村佳乃似のお嬢様タイプです


お客さんに

「バガボンダさんと全く違うタイプの方ですね こりゃこりゃ」

とつっこまれました



皆さんのところにもご挨拶に行くかもしれませんので

どうぞよろしくお願いします




追記)

中国生活も一ヶ月をきりました

最近写真をサボってたので

残りの時間で中国を撮って撮って撮りまくろうと思うとります

お楽しみに
中国語の聴力
こんばんは

変な時間に目が覚め 眠ることができませんので

暇つぶしに記しておきます




それは昨日のことでした

自分の部屋で 中国語の聴力(リスニング)の勉強をしておりました

私が聞き取った問題の内容は以下のとおりです

(聞き取れないところは想像で解釈しております)




7月22日 お昼 

タクシー運転手陳さんは運転していた

すると 突然ご婦人がタクシーを止めた

ご婦人「主人が運転中にめまいがして倒れたんです

     意識がなくて動けないのです

     どうか主人を車から出して 

     あなたのタクシーで家まで送っていただけないでしょうか」


陳運転手は何も言わずタクシーをおりた

そして ご主人を抱え タクシーに乗せ家まで送ってくれた


タクシーの中では 窓を閉め エアコンを入れてくれるなど

大変親切にしてれた

家に着いたとき ご婦人は陳運転手に50元渡したが

陳運転手は受け取ろうとしなかった

ではせめて名前だけでも・・・と尋ねたところ

「私の名前より ご主人の面倒をみてあげてください」

といい お金も受け取らず名前も言わず去って言った


問1:これはいつ起きましたか

問2:陳さんの仕事はなんですか

問3:陳さんはご婦人からいくら受け取りましたか



答えあわせをしたところ全問正解!!

念のため スクリプト(録音文)を見ながら

もう一度 聞きなおすことにした






IMG_5153_convert_20081118044258.jpg






7月22日 お昼 

タクシー運転手陳さんは運転していた

すると 突然ご婦人がタクシーを止めた

ご婦人「主人が公衆トイレに入っていたところ 突然めまいがして

     ぼっとん便所の肥だめに落ちてしまったんです



   (バガボンダ : え?肥だめ????え?え? どういうこと?)





     自分では這い上がることはできず 

     しかも体中汚物がついているから 誰も助けてくれず困っています

     どうか主人を肥だめから出して 

     あなたのタクシーで家まで送っていただけないでしょうか」


陳運転手は何も言わずタクシーをおり トイレに行ったところ

肥だめの中で 助けてくださいと祈るような目の老人を発見した

陳運転手はためらうことなく ご主人を抱きかかえ 

タクシーに乗せ 家まで送ってくれた


タクシーの中では ご主人の体から異臭がするにもかかわらず

窓を閉め エアコンを入れて家まで送り届けてくれた

家に着いたとき ご婦人は陳運転手に50元渡したが

陳運転手は受け取ろうとしなかった

ではせめて名前だけでも・・・と尋ねたところ

「私の名前より ご主人の面倒をみてあげてください」

といい お金も受け取らず名前も言わず去って言った





いやー

びっくらこいた

肥だめかよ

人助けをする話なら 別にぼっとん便所じゃなくても

ほかの話でもできたろうに・・・・

想像しただけでも臭いが漂ってきます





しかも すごくすごく気になったのが

異臭がするのに 車の窓を閉めエアコンを入れたところだ

異臭がするなら 窓を開け エアコンを入れるべきではないのか

どうなのか

私間違ってるのかな・・・・

窓閉めたら臭いこもるよね

車の中で誰かオナラしたら すぐ窓開けるでしょ

どうなのどうなの



大変気になるところですが

それは解答に解説がないので

気にしないようにして 引き続き勉学に励みます






今日のとっさのひと言 : 肥だめ ⇒ 粪坑(fen kang)

  (万一落ちてしまった時に役立つかもしれません)



無意識に同じ物を買ってしまう
もう どんなことを書いても驚かないと思いますが

自分のために書き記します




数週間前 スタバにコーヒー豆を買いに行きました

気分を入れ替える為にも 前回とは違う豆を買いに行きました


どれを買うかすごく迷い ある豆を購入

うきうきしてウチに帰ったら 

ななななんと 

全く同じものがウチにありました

えーー!あんなに検討して選んだのに!

前回と同じものを買ってしまいました




数日前

正確に言うと おととい

洗濯洗剤を買いに行きました


気分を入れ替える為にも 前回とは違う洗剤を買いに行きました

(今書きながら思ったんですが どうやら生活用品は同じものを買いたがらないようです 私)


今あるのは 「アリエール」なので 「アタック」を買うぞーーー

とそういうつもりで行きました


アタックにもいろいろ種類があって 

いろいろ悩んだ挙句

柔軟剤入りのちょっと大きめのを買いました


家に帰って

これまた愕然

まーーーーーーーーーーーーーーったく同じ アタックが

家にあった

前回アリエール買ったと思ってたら

アタック買っとった

ありえん

しかも前回のアタックと まーーーーーったくおなじです

姿かたち大きさ種類も全て同じ


あんなに種類があったのに

まーーーーーーーーったくおなじものを購入しました



やーー ホント しゃれにならん

家に帰って

買い物袋から洗剤を取り出し(この時点でまだ気づいてない)

それを洗濯機のそばに持っていって

古い洗剤を見たとき


ひぃーーーーーーーーーーーー

(と言って 古いのと今手にしてる新しいのと見比べて)

思わず 新しい洗剤を 気持ち悪くて ぽいって投げました


こわい

ほんとに自分が怖いです

迷いに迷った挙句

同じものを買ってしまうとは・・・・・・

しかも 二つを同時に見るまでは

同じものを買ったと気づかないからね・・・・・


ほんとに ほんとに もう何かが進行してるのかもしれません



92a30e48-2859-478a-afd8-69b0cc079e24.jpg
問題の4色ペン  二本並んでるだけで不吉です





今までのは前フリです

今日は長くなりそうです

眠いなら また明日読んでください



では 続きをどうぞ






話は ちょっと飛びますが

日曜日 27広場で ボールペンを買いました

勉強する為です

問題を解いて 答え合わせをする

ならば 一本のボールペンに2色(黒と赤)がついているやつが便利なので

探したところ


お店の人は4色ペンしかないよと言い

私は買うかどうかすごく迷っていました

というところにお友達が来て

友「何迷ってるの?」

私「4色ペンしかないんだって」

友「いくらなの?」

私「3元」

友「じゃー買えば?」

私「2色ペンがほしいの」

友「4色の方がお徳じゃない いろいろ使えるよ」

私「私ボケてるから いろいろ色があると 余計困るのよ

  赤と黒 2色だけで十分 他の色あったら対応できない」

友「・・・・うーーん でも4色しかないんでしょ」

私「うん」

友「買いなさい 4色のうち2色だけ使えばいいじゃない」

私「・・・・・・(それができるなら 迷わず買うわい!とはいわず)」


すごく迷った結果 4色ペンを買いました

4色ペンは 黒・のほか 

無駄にが装備されております

私の大連生活で緑色のボールペンを使う機会は

宝くじで3億円引き当てるぐらいの確率だといっても過言ではありません

逆に

で書いちゃいけないのに 無意識にそのペンを手に取り

大事な書類に 間違って緑色で書き出す可能性は

私が火鍋を食べる回数ぐらいかと予想できます

(ちなみに月に2回ぐらいでしょうか)



話が長くなってしまいましたが

お友達と27広場で こういうやり取りをして

悩んだ挙句

無駄な色を手に入れた私

日曜日

月曜日

火曜日

と それをつかって勉強したり

仕事中に使ったりしておりました







昨日



偶然 見た

オフィスの私のデスクの上に


27広場で買った4色ペンが


2本

転がっていました


無造作に ころ~ん と 2本です


突然2本です



ひぃーーーーーーーーーーーーー


悪夢がやってきた

まただ



記憶をたどる

買ったのは 確かに1本です

いや 2本のペンを前にして 

『確かに』とはもう言えない状況だ


確か・・・1本買った

そんな気がしてる




2本転がってるのを見た瞬間

ひぃーーーーーーーーーーーー

ひぃーーーーーーーーーーーーーー

(心の中で 助けてください 助けて下さい)

と叫びました



ほんとにその2本は

まーーーーーーーーーーーーーーたく同じなんです

メーカーも姿かたちも 全てが同じなんです


中国語で言うなら

一模一样です



一模一样な4色ペンが 2本ころーーーんって転がっとりました


4色ペンてさ

普段 購入しないでしょ

ねね

しないよね

私は 大連に来て初めて買ったと思うよ

買ったことないもん

しかも脳みそ悪いから そんな複雑な4色ペンなんて買うわけがないもん


しかもしかも 買った記憶が全くない



こわい こわい こわい こわい


といいながら

心当たりがある部門のところに行って

事情を説明し

誰か私の机の上に 4色ペンを置き忘れたやつはおらんか!

おい!こら!

最近4色ペンを買ったというやつをしらんか!

と必死で探し回りました


ほんとに 探さないと

私は 危ない人になってしまいます 


だから必死で探し回りました

主任(おばちゃん)に

「私もそういうことあるよ 1個買ったと思ったら 2個バッグに入れてたとか 

 大丈夫 きっとそういうことだよ 

 1個分お金払って 2個バッグに入れたんだよ

 気にしないで 無意識にしたんだから泥棒のうちには入らないからいいよ 

 もらっときなさい  大丈夫 あなたは泥棒じゃない」

と励ましの言葉をもらったりしました




泥棒じゃない

いや 泥棒ならそれはそれでいいよ ペンを返すさ

そういうことじゃなくて

ボケ

ボケが始まってるのじゃないのか!!!

ねね 私最近おかしくない?


と本当に真剣に相談しました



みんなはそんな切羽詰った私を見て 笑ってるけど

どう思い出しても その4色ペンを他に購入した覚えがない

しかし コーヒーと洗剤の前科がある

(実は3年前に歯ブラシの前科もある)

もしかしてもしかして 以前無意識に買ってた?

もしかしてもしかして あの時2本買った?


いろんなことを考えて考えすぎて頭が割れそう

自分の席に戻って 頭を抱えてた





秘書が戻ってきた


だめもとで秘書に


私「ね この4色ペン私の机に置いた?」

秘「置いたよ」

私「!!!!!!!!!!!なんで!!!え?どういうこと?」

秘「総務部にあったから もらってきました で バガボンダさんの分ももらってきて置いといた」

私「もーーーーそれを早く言ってよーーーー!!!!

  私ボケたかと思ったやーーーーーーーーーーん!!!」



とかなり興奮して秘書を責めました

秘書は何でそんなに興奮してるか分からない様子



いやーーーーー

こんな偶然てあるの?

普通 会社で4色ペン支給しないでしょ

今までもらったことないよ

赤ペンももらったことないよ

鉛筆とサインペンだけだよ

どうした総務

4色ペンをなぜに大量に購入した?

しかもなぜ4色か

しかもしかもなぜ私と全く同じなのか


なんだーーーーーーーーー

人騒がせだーーーーーーーーーーーー

このやろーーーーーーーーーーーーーーー


人の机になんか置く時はひとこと言ってクレーーーーーーーーーーーー





以上 このようにして

静かに忍び寄る

目には見えない何かに脅えながら

日々を暮らしているバガボンダです

本当に怖い出来事でした

あんまり特殊なものは買わんとこ

と心から思いました


では 今からその4色ペンで(使うのは2色だけど)

勉強することにします



学ぶものは救われる



語学は雰囲気

仕事でスタッフによく内線電話かけるのですが

今日はそのことについて記したいと思います


会社の電話は外線内線に関わらず

電話がかかってくると 番号表示がされ

だれからかかってきたか分かるので

電話をかけるとき電話に出るとき そういうつもりでかけます





0c226bda34d31613_o_20081014231748.jpg  キーボードin香港





それは 数日前のことでした


私はある部門に内線をかけました


(トゥルルル トゥルルルル)

スタッフ「もしもーーし」

私「アンニョンハセヨー」


そのときはなんとなく 韓国気分だった私は(どんな気分か)

アンニョンハセヨーと電話をかけてみたのです


私としては

アンニョンハセヨー

とスタッフも返してくれるものだと

思ってたら



スタッフ 

0.5秒ぐらい間があって

すごくマジな声で


ス「私は王です」

と 答えてくれました



「アンニョンハセヨー」

「我是王」


です


なんなのよ!

どういうことよ!!




考えるに

たぶん 

いやきっと

私の 「アンニョンハセヨー」が

中国語の「あなた誰?」

に聞こえたのだ



なんで 

アンニョンハセヨーーが

你是哪位? (ニーシーナーウェイ) 

に聞こえるのか!!!






ちがうやーーーーーーーーん


全く発音違うやーーーーーーーーーん



私の中国語の発音っていつもそんなに悪いノーーー?

と落ち込みつつ



ま どんなに適当に発音しても

通じるんだなと(いや通じてないのか)

逆に言えば どんなに発音を気にしても

どんなに文法を気にしても

結局 外国人なので

相手は想像で受け止めてるのかなと



だから

中国語が伸び悩んでる皆様

発音で悩んでる皆様

外国語なんて テキトーでいいんです!!

通じる時は通じます!


大事なのは 


・・・


なんだろ


雰囲気?

です!



以上、中国で生活して得た経験です

(*ビジネス中国語には不適用)
中国のラジオ

最近 よくラジオを聞きます

これが意外と面白いんです




一番気に入ってる番組は

泌尿器科系の医者が司会で

薬を売りつける番組です


どういうことかというと

こういうことです


(電話にて)

リスナー「もしもし 王先生ですか」

医者「どうしましたか」

リ「おしっこがなんとかかんとかで困ってるんです」

医「夜 おしっこに何回行きますか」

り「○回ぐらい」

医「今 何歳ですか」
 
 「仕事はなんですか」


(しばらく状況を聞く)



医「それなら この薬を紹介します これを飲めば必ず治ります」

リ「そうですか いくらですか」

医「○○元ですが 今なら 3箱買うと1箱無料です」

リ「ちょっと高いなあ どうしようかな」

医「確かに見た目は高いかもしれない でも考えてみて

  この薬を1ヶ月飲み続ければ病気が治るんだよ 

  こんなに苦しんでる病気が治るんだよ

  高いかな? 長い目で見てごらん きっと損はしないと思うよ」

リ「そうですよね・・・」

医「もし 効果がなかったら 返品できるから安心して

  しかも よく考えてみて 効果がないことがあるだろうか

  効果がないなら この番組は 苦情だらけで 成り立たないと思うよ

  でも この番組は成り立ってるよ 毎日電話がかかってくるよ

  意味わかるよね? 絶対効果があるから 僕が保障します 

  あなたの病気は絶対治ります!」

リ「じゃ買おうかな・・・・」

医「どこに住んでるの」

リ「○○です」

医「じゃ ○○駅の近くの△△という薬局で売ってるから買いに行くといいよ」

リ「でも 買いに行く時間がないんですよね」

医「無料配達してるよ」

リ「そうなんですか」

医「配達して欲しい場合はここに電話して

  ○○○ー○○○○」




こういう風にして 必ず王先生は甘い声で次から次に薬を売っていきます

ひとり2~3分でしょうか

電話で相談を受け 

まずはリスナーにたくさんしゃべらせておいて 

最後の30秒ぐらいは 王先生の独走です


絶対効くから!

効かないなら返品できるよ!

でも絶対効くよ!!

効かないならこの番組は成り立たないでしょ!!!



そういう類のことを畳み掛けるように話し 

見事薬を売りつけます

水戸黄門バリのきめ台詞で

最後 

この紋所が目に入らぬかーーー!!!

と言われると

(いや実際言ってないですよ)

大体の人はもう心が傾いています


こりゃ買ったな この人

とラジオを聴きながら 独り言を言っている私がいます



んでもって この番組は なんと一時間番組で

一時間 ひたすら相談を受け

どんな人でも どんな症状でも(泌尿器科系に限る) 

最後は黄門様の紋所をつきつけ

有無を言わさず薬を売りつけます


一日一時間 

毎日毎日 売り続けます

すごいです 王先生

シャパネット高田どころではありません



そんな王先生の中国語に 私はうっとりしてしまい

(いやーなんか良いんですよ 話し方が)

気づいたら毎日その番組を聞いてしまうのです



日本ではこういう薬を売るラジオ番組があるでしょうか






b8b79483aa01fb65_o_20080908171412.jpg




そんな優しい王先生でも

さすがに 毎日毎日 尿尿尿尿

尿の話しかしないと ちょっと飽きてきた感があり

この前から 違うチャンネルに変えました


したら こういう興味深い番組がありました



(やはり電話にて)

司会者「もしもし」

リスナー「もしもし ちょっと 教えて欲しいんですけど

      博愛大廈の近くでおいしい日本料理店ありますか」

司会者「それならイセトーという日本料理ですね 

     電話番号は○○○ー○○○です」

リスナー「ありがとうございました」


こういうのです

おいしいお店の情報を電話で司会者に聞いて 

おまけに 連絡先まで教えてもらえます

104に聞けよ!



もれなく突っ込んでしまうこの番組

よく成り立っていますね・・・・




それから こういうのもありました


司会者?「今日 張さんは○○で財布をなくしました
      中に免許証が入っています 免許証の番号は△△△です
      拾った人は張さんまで連絡ください 
      張さんの電話番号は×××です」

司会者?「張さんはほんとに困っていますよ 
      見つけた人は張さんにすぐ連絡してあげて」


この番組は落し物の番組です

ひたすら なくしたものを紹介していきます


相談する相手は

ラジオじゃなくて

警察だろ!




と突っ込みたくなる番組ですが

きっと わずかな可能性にかけているのでしょう

見つかるといいですね

(なくした財布 中国でみつかるのか) 




という具合に かなり地域に密着したラジオ番組が繰り広げられております


ちなみに王先生の病院は私が住んでいる建物から見えます

ああ 今 王先生 あそこにいるのかなーー

と思いながらラジオを聴いています



皆様も 機会がありましたら 是非お試しください


脳みそ、脳みそ使うぞーー!
こんばんは

私の生活行動の80%パーセントは

無意識下で

つまり脳みそを全く使わず

無意識的行われてるのではないかと 疑い始めた今日この頃


大丈夫かな 自分・・・

ということがありましたので 自分を戒めるためにも

ここに書き記しておきたいと思い 書いとるわけです



まずはジャブぐらいの 軽い出来事からご紹介したいと思います


それは9月に訪れた台湾の地下鉄の切符売り場にて起きました

切符を買おうと券売機に コインをいれてました

一生懸命いれていたようです


お友達に

「ねー なにしてるの?」

といわれ 

我に返り 自分の手元を見てみたら

何を思ったか(いや何も考えてないからこそ)

コインをもった手は コイン投入口ではなく

札投入口のほうで 細長い隙間に向かって一生懸命投入を試みておりました


日本で言うたら 500円玉を一生懸命1000円札の方にいれてたイメージ

まあ ニアミスですな

かわいらしい間違いじゃないか

ほほえましい



と思えるのはここまで


2008-09-19 2008-09-19 001 008
空港→台北のリムジンバスの中から






最近のかなりショッキングなニアミス事件を書きます




それはおとといのことでした

なんかのハプニングで

足の指(人差し指)の裏が切れていました

歩くとちくちく痛いので

バンソウコウをして仕事にいこう!



朝 バンソウコウを足の指に巻いて 仕事に行きました



仕事が終わり

うちに帰って

ごろごろしてたら


ふと 足の裏が目に入って

同時にバンソウコウをしている足の指も目に入って

同時にそのバンソウコウしている指の横に 切れてる指が目に入った



んんんん???

あれ?

足の指

また切れた?

慌ててバンソウコウをとってみた

ちなみに 中指

バンソウコウとってみた

切れてない

切れてるのは 人差し指

バンソウコウしてたの 中指



本当は人差し指にバンソウコウ巻きたかったのに

なんとなく中指に巻いてしまった

ということでしょうか?(ニアミス!)




いやいや おかしいから・・・

ありえんから・・・・

と独り言を言って

このことはなかったことにしよう

と自分に言い聞かせ

忘れようとしましたが

もしかしたら なんかのシグナルか

とおもい ここに書き記すことにしました



脳みそ!

脳みそ使うぞーーーー!



と自分にプレッシャーを与え

寝ることにします


おやすみなさい


FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。