*All archives* |  *Admin*

2009/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せっかくの晴れ舞台なのに辞退で御免
披露宴の終盤で

新婦が両親に感謝の手紙を読み上げ

思わずもらい泣きしそうになりますが

時に

新婦自身は読まず 司会者に呼んでもらうパターンもありますよね

将来的に 私は後者のパターンになると思います

読めない

泣いてぜったい読めないです

新郎に励まされながら なんとか涙声で読み終えればいいじゃない

と思うかもしれないですけれど

きっと号泣して 読めないどころか

もう若くもないので 見苦しくて しかもなかなか立ち直れなくて

もういい加減にしたら?としらけさせてしまうかもしれません

だから

司会者に読んでもらうか

録音したものを当日流そうと思っています













物心つかない頃からのお友達がいます

親友と言うと軽々しくて なんかしっくりこない

物心つかない頃からの友達

彼女との関係はこれがしっくりきます



彼女との出会いは

物心ついてないので覚えていませんが

お互いの歴史をすり合わせてみると

0歳のとき 保育園で出会ったようです


それから 保育園 小学校 中学校 高校

とずっと気がつけば一緒でした

大学は離れ離れになってしまいましたが

なにかあれば泊まりに行ったり

実家に帰ればあったり

社会人になっても離れ離れでしたが

私が大失恋した時は

心配でわざわざ私の家に泊まりに来てくれ

話を聞くよ 何でも話してね

と言いながら

即、私のベッドで寝て しかも真ん中に

何も心のウチを語ることなく

彼女はイビキをかきながらねてしまい

私は起こしたら悪いと思って

トイレの中で 別の友達に泣きながら電話し

泣いて泣いて泣きつかれて

彼女が占領しているベッドの空いてるスペースに

入って寝ました



そういう関係です



そんな彼女が今週末お嫁に行きます

もちろん披露宴に呼ばれてるのですけれどね

友人代表のスピーチを頼まれました



前フリからもわかるように

スピーチは無理です

たとえ他人の披露宴であっても号泣すること間違いなしです

そういうことで

その物心つかない頃からの友達に相談しました


スピーチしてもいいけど

司会者に読んでもらうか 録音テープでもいいかな

と。




司会者が読む友人代表のスピーチって聞いた事ないですよね

画期的でいいかなあと思って提案したんだけど



即 



却下



されました




でも

本当に号泣してしまい スピーチできないので

事情を説明し

せっかくの彼女の晴れ舞台なのに

スピーチ辞退させていただく運びになりました

だってできないもん



もしね


今日は本当におめでとう ずっとお二人の幸せを祈っています



だけでよければ

泣きながらスピーチするよ

だって つまるところ 新郎新婦に伝えたいことって

それだけだもん

それさえ伝わればいいもん


きっとこれも無理だろうから

辞退です

辞退


ごめんなさい



そこは

物心つかない頃からの友達だけあって

事情を話したら わかってくれ

快く 辞退を承諾してくれました




ちょっと 申し訳ない気持ちがあって

日記にしてみました





当日

新郎新婦に直接伝えようと思います

今日は本当におめでとう ずっとお二人の幸せを祈っています

と。


スポンサーサイト
15年ぶりの再会


帰国してから

夢をかなえるゾウ

という本を妹に買ってもらいまして(無職の姉に妹が哀れんで買ってくれた)

それ以来 夢をかなえるゾウの教えに従って生きております



インドの神様、ガネーシャが、簡単な課題を出すんですけれども

それは本当に簡単で当たり前のことなんだけど

意外に普段できていなくて やると気持ちがいいものばかりです 



こういうのがあります


ガネーシャ「人間ちゅうのは不思議な生き物でな。 自分にとってどうでもええ人には気い遣いよるくせに、一番お世話になった人や一番好きでいてくれる人、つまり、自分に一番大切な人を一番ぞんざいに扱うんや。 例えば・・・親や」


ガネーシャの課題 『身近にいる大事な人を喜ばせる』





今までの自分は

親のことを考える時間と

取引先のお客さんのことを考える時間

どっちが長いかな

親に電話する機会とお客さんに電話する機会

どっちが多いかな


親を大切にしているつもりでも なかなか行動に現れていないので

「大切な人を喜ばせる」べく

高速バスに揺られること3時間 

貴重な週末に実家に帰ってみました





6e3a791d99990e18_o.jpg





帰る前日

「週末帰るから」

と電話したら

母さん「なんで?」と不思議そうにしてて


「いや 今まで中国にいてあんまり会えなかったから

これからはちょくちょく帰ろうかなと思って

せっかく近くにいるし 

家族だからね」

とちょっと照れたけど 本心を言ってみたら

母さん 電話の向こうでちょっとうれしそうだった



実家に帰ったからって

特に何するって訳でもなく

久しぶりにタロウと散歩に出かけた



途中

おばさんが犬を3匹連れて 道端で休憩してたので

「こんにちわーーー」と挨拶して

初対面だったけど 適当に世間話してたら


お「あなた バガボンダさんでしょ?」

私「はあ???え??」(←いきなりでびっくりして答えられない)

お「家はどこ?」

私「ここをまっすぐ行ったところです」

お「そうやろ? なんか見たことある顔だなって思ったんよね」

私「はあ・・・・・」

お「あなた バイトしてたよね?」

私「え?バイト・・・・? バイトはいろいろしましたけど・・・」

お「弁当屋で」

私「え?」

お「この先の弁当屋でバイトしてなかった?」

私「ああ 大学生の時ですね してました」

お「いや おばちゃんもそこの弁当屋で働いてたから」

私「・・・・・一緒に・・・・・?」

お「覚えてない?」

私「・・・・・・・・お、お、おぼ・・・・すみません、覚えてないです」



びっくりしました

そのバイト確かにしました

大学1年生の夏休み

実家に帰ってきて 何もすることなかったから

1ヶ月間だけ 弁当屋で働きました

15年前の話です


15年前のたった1ヶ月間の出会いを

おばちゃんは15年後に思い出してくれました

しかしよく覚えてたな おばちゃん



うちに帰って 母さんに言うたら

あんたは 顔あんまり変わってないけん わかったんじゃない?

と言われました

またかい!


私の記憶には残ってなくても

誰かの記憶に私が残ってるんだな

と思うとちょっとドキドキした出来事でした


おばちゃんと別れ際

今さら聞くのも申し訳なかったが

「お名前は?なんておっしゃるんですか?」

と聞き(遅っ)

「また 会いましょうね」

と言って 別れました



親を喜ばせるために帰った実家でしたが

思わぬ再会もあり

何か行動を起こせば 思わぬ収穫があるんだなー

と実感した週末でした




メールじゃなくて

電話や実際会って

ちょっと照れくさいけど

親やお友達に感謝の気持ちを伝えると

ホントにいいですよ

とっても簡単で とっても幸せな気分になれます

ぜひぜひ やってみてください

(プラスアルファの収穫もあるはずです)



明日から働きます

昨日 昼間からお友達の家で

お酒をあおっておりました


夕方かなりいい気分の時に

携帯がなりまして

ちょっとほろ酔い気分で出ましたところ

求人の件でございました


なんとか平静を装い

面接の時間と場所を

一生懸命聞き取り

ぽわぽわする頭の中に叩き込み

ろれつを回して一生懸命復唱し 

電話を切りました


面接の時間ってメモをすればいいんだけど

なにせほろ酔い気分なので

なんどもなんども 指で 空中にメモしました

(近くにペンがなかったんだもん)





2009-03-30+2009-03-30+001+001_convert_20090331212017.jpg




そして 今日

寝坊せず 面接に行きまして

無事合格

明日から来てくださいと言われました。



小さいけれど

自分が行きたかった業界に

意外とすんなり入れました。



運と縁ですね。



少々不安な要素もありますが

いい面だけを見て

プラス思考で

その道のプロとなれるよう

頑張ります。


励ましてくれた皆様

応援してくれたお友達

ご飯ご馳走してくれたお友達

ありがとうございました。

勝負は明日からなので

中国生活でボケた脳みそと

無職でとろけていた脳みそを

なんとかリハビリし 

笑顔でがんばりまーーす


FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。