*All archives* |  *Admin*

2009/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タローとむーくん
仮住まいの実家の

2軒先に

むーくんという男の子がおります



自称 4歳
(※本人にしか年を聞いたことがないから ホントかどうかは不明)




彼との初対面は 今年の5月



仮住まいに引越しをしていたときに

声をかけられました


「何ばしよると?」


これが 彼の第一声でした


「引越ししよるとよ」

と答えた私に


「引っ越しって 何?」

と質問され ちょっとひるみ

それから彼と付き合いが始まりました

(自称4歳の年頃はまだ引越しの意味がわからないんですね)



タローとたわむれていると

彼は ふらっと現われ

彼もまた タローとたわむれて

自称4歳を相手に マジで話し込みます



この前 こんなことがありました


私「むーくん タローにそんなに近づいたら 危ないよ」

む「危なくないよ むーくんとタローは 友達やもん」

私「友達ばってんさ タローの方がむーくんより大きいけん 倒されるよ」

む「倒されんよ」

私「タローね こう見えても 17キロ あるとよ 重いやろ?」

む「・・・・」

私「むーくんは何キロあるとね?」


 「むーくんはね 11メロ」



私「むーくん 11メロもあるとね 結構あるね」

む「うん」



タローの17キロの意味がわからんやったのか

口が滑ったのかしらんが

むーくんは11メロらしいです
















写真は タローとむーくん


タローは 人間の股間の臭いをかぐのが好きで

必ず臭いをかぎます

人間と言うものは 股間の方に犬の鼻が近づくと

にやけたり キャーと言うたり わーと言うたり 

戸惑ったり 股間を手で押さえたりするので

タローはそれを 人間が喜んでいると思って

ますます 臭いを嗅ぎます


むーくんのような若い男から

うちのばあちゃんのような老女まで

まさに 老若男女問わず 平等公平に嗅ぎます


そして 照れ笑いかわからんが 

タローに臭いを嗅がれた人間の表情を観察してみると
  
老若男女問わず 100%笑顔 です


これは タローも勘違いするわけです




初対面の人や ちょっと臭いを嗅いだら気まずい人と

タローを対面させる時は

臭いを嗅ぎそうになったら

なるべく 離すようにして

人間同士が 気まずい思いをしないように 気を配らなければなりません


そういうわけで 

写真は むーくんの臭いを嗅いでいるタロー

むーくんは きゃっきゃっきゃーーー と喜んでいましたが

あまりに タローがしつこいので

「もーー やーめーてーー」

「やぁーめぇーてえーーー!!!」

と ちょっとキレ気味に逃げ回り

タローはうれしそうにまとわりついていました



もし うちのタローに 臭いを嗅がれたら

険しい表情で対応お願い致します



スポンサーサイト
偶然はそもそも存在せず全てが必然である
世の中には知らないことがいっぱいある


学んでも学んでも

きっと 死ぬまで 『知らないこと』は無くなることはない


でも 知りたい

いろんなことを知りたい

いろんなことを知って

いろんな人に出会って

いろんな経験をして

でっかい人間になりたい


そう考えると 1日24時間では到底足りない




そんな気がする今日この頃







f34c6fdd77daeb10_o.jpg





今日はそんなことを考えながら図書館で勉強した



私は仕事で必要な資格試験の勉強をしている

覚えようとしても全然覚えられない

なんなんだ 私の脳みそ

どうなってるんだ 私の脳みそ

覚える気があるのか 私の脳みそ


うーーん うーーん

いっぱつで覚えたい

すぐ覚えたい

脳みそよ 若返ってくれーーー



と思いながら 

ふと

隣で勉強している (見ず知らずの)若い男のほうを

ちらっとのぞいたら

彼の参考書には 人間の脳みその断面図が書かれていた

ななな なんと 彼は脳みその勉強をしていた



偶然となりに座り合わせた私とあなた

彼は 客観的に脳みそについて学び

私は 主観的に脳みそについて考え

偶然にも 同じ時間に 隣りあわせで 脳みそのことを考えていたのでありました




ウィキペディア 『偶然』 に

こんなことが書いてあった


偶然は、言葉として用いられるだけでなく、

哲学や科学の分野において研究され、

「偶然はそもそも存在せず全てが必然である」

という立場を唱える学説(決定論)もある。






そう考えると

今日 福岡市総合図書館で

偶然にも隣り合わせた男女が

偶然にも脳みそのことを考えていたのは

必然であったのかもしれない


はて 

なんの必然だろうか・・・・・

考えても わかるはずもなく

やはり 私は知らないことがいっぱいあるな

と実感し

この脳みその必然性についての答えは神様に任せて

もっと知らなければならないことを 優先的に考えることにし

寝る準備に取り掛かりたいと思います



では おやすみなさい


FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。