*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千円札は拾うな。
土曜日 『大連屋台料理 李』というお店で

大連で知り合った人々とのお食事会が催された



時間があった私はお店まで歩いていくことにした

大体の場所かしかわからなかったので

2時間前に出発してテクテク歩いて行ったのだが

意外と近くにあり 1時間ほどで着いてしまった


しかたがないので 近くにあったブックオフに入り時間をつぶすことにした

そこでこういう本を手に取った


千円札は拾うな。
安田 佳生 (著)


千円札を拾うと得をする――これは一見常識的なこと。
でも、千円札を拾った人は本当に得をするんでしょうか?
もしもその千円札の隣に一万円札が落ちているとしたらどうでしょう。
誰しも、もちろん一万円札を拾いたいと思いますよね。
でも現実には、千円札にばかり目をとらわれて一万円札に気づかない、大きな利益を得たつもりになっているけれども実際には一万円札ではなく千円札を拾ってしまっている、ということは非常に多いのです。(Amazon.co.jp より)



なるほどね

しかし もうずいぶんお金拾ったことないしなぁ

と思いながら 約束の時間になったので

本を閉じ 1次会の 『大連屋台料理 李』へ行った














そして 2次会




2次会は中華とはうって変わって 

西洋人があふれかえるバーに行った


そのお店には前回も行ったのだが その時はかなり酔っていたようで

隣のテーブルのアメリカ人に 中国語混じりの英語で話していたような気がします





2回目の今回

今回はほろ酔い気分でそのお店に入り

楽しくお話ししておりました








私の前に座っていたカツさんが

お金が落ちてる

と言って 私の足元から千円札を拾い上げた


誰のかなー

私のかなー

と言っているうちに

私の足元に落ちていたということもあり

なんだか 私のような気がしてきて

その千円札たち 正確には4千円は

私の財布の中に入ることになった







結論から言うと 

その4千円は私のものではなく

そのあと 4千円の本当の持ち主が現れ

私の財布の中から 持ち主の手へ渡って行きました





数時間前に

『千円札は拾うな。』

という本を読んでいたにもかかわらず

拾ってしまいました


財布に入れる瞬間 そのことは脳裏を全くよぎらず

財布に入れてしまった私がいました



もう何年もお金を拾ったことないのに

『千円札は拾うな。』という本を読んだ日に

千円札を拾ってしまった私



嗚呼 神様


神様がいらっしゃいますか


神様が私を試していらっしゃいますか






千円札を拾うと得をする――これは一見常識的なこと。
でも、千円札を拾った人は本当に得をするんでしょうか?
もしもその千円札の隣に一万円札が落ちているとしたらどうでしょう。
誰しも、もちろん一万円札を拾いたいと思いますよね。
でも現実には、千円札にばかり目をとらわれて一万円札に気づかない、大きな利益を得たつもりになっているけれども実際には一万円札ではなく千円札を拾ってしまっている、ということは非常に多いのです。




もう一度この言葉を胸に

これから生きていきたいと思います

Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。