*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タロウを実験

ちょっと前におきた 愛犬タロウと私の出来事について書きます



タロウは 私の母親から仕込まれています

なにをか


父親が車で帰ってきたら 

帰ってきたよーーーと、タロウが母親に知らせに行くのです

むろんタロウが『帰ってきたよ』と日本語で話すわけではなく

『帰ってきたよ』のところは『ウォン ウォン』と鳴くのであります



新婚でもないので 別に母は父の帰りを今か今かと心待ちにして

このような芸を仕込んだわけではなく

父がいない間に こっそり自分の時間を楽しむ母が

時間を忘れて はっと気づいたときに父が帰ってきて 気まずい思いをしないよう

愛犬に オヤジが帰って来たのを合図するように仕込んだのである


もちろん 父はそのことは知るはずもなく

父の車の音がすると 『うぉーん うぉーん』と吠えながら 

母のところに行き ご褒美の餌をもらうと

今度は車庫に入ってきた父のところに行き 

『お帰り 待ってたよ』としっぽをふるのである

そして父は『おおお 出迎えてくれたか ありがとありがと』

とうれしそうにタロウをなでるのであります



このようにして 愛犬タロウは 長年連れ添った老夫婦のカスガイになっており

我が家は平和な日々を送っております




IMG_0067.jpg
2007.12.15@大連




さて 私の場合はどうなんだろうと思いまして

試してみようかなと。



父の車の音は かなり離れていても 聞こえるようで

タロウが 気づいてから 父の車が見えるまで時間差があります


私はというと 実家に帰った時は もっぱら自転車なので

タロウはなかなか気づいてくれません

音で判断するのではなく 私の姿が見えてから いちもくさんに走って出迎えてくれます



なんとか 音によって 私と気づかせ

家の前に来たら タロウが入り口で待っていた!

という状況を見てみたくて

知恵を絞りましたが

家の100メートルぐらい手前あたりから

『タローーーーーーー タローーーーー』と声を出しながら帰ってくる

という原始的で単純な方法しか思いつかず

やってみることにしたのであります




もちろん 人がいないのを見計らっての実験です


家の手前から ひとりチャリをこぎ意味もなく『タローー タローーーー タローーーー』

とひたすらタローを繰り返し 

さあ 次のカーブを曲がれば ウチが見え 

タロウがしっぽを振りながら 出迎えてくれるんだ!

果たしてタロウは私の声が聞き分けられるのかな!?

頭のいいお前なら きっとわかるはず

待ってろよ タロウ

とウキウキニヤニヤしながら

『タローーーー- タローーーー-』

と愛犬の名前を呼びながら カーブを曲がりました




それは 一瞬の事でしたが すごく長い時間に感じられました





カーブを曲がって目に入ってきたのは 

愛犬タロウの姿ではなく

ひとりサッカーの練習をしている男子中学生でした


タローーーー-と言う私の声に

男子中学生が振り向き 私を見た



どうしてこのようなことをしているのか どうか説明させてください

と心の中で訴えたが

フェイドアウトしていくタロ---の声で

男子中学生はボールを蹴るのをやめ 道路の端の寄り

私は目を合わせないようにして その横を通り過ぎた



きっと 遠くから 彼の耳にも 

(彼というのはタロウではなく男子中学生の事だけれども)

彼の耳にも 遠くから タローーーという声は聞こえていたはず


その声がゆっくり近づいてきて 

振り向いたら ひとり自転車をこぎながら 

『タローーーー-』と叫んでいるおばさんがいたのであります


私の前にも後ろにも右にも左にも 犬も猫も子供も大人もいない

いったい誰に向かって話しているのか

ただ私はひとりでひとりごとを大声で叫んでいるおかしな人でしかありません





あまりの 突然の出来事に かなり動揺して

男子学生を通り越して 家に入ったのだけれども

そこに タロウがいて出迎えてくれていたかどうかは

全く覚えていない





ということで この実験は 


測定不能



もう少し知恵を絞って リベンジしたいと思っております



Secret
(非公開コメント受付中)

No title
あなた、相変わらずおもしろいねぇ。
長いこと放置ブログだったから、更新されてるかな~
って覗いてみたら、怒濤の更新でびっくりした!
仕事、やめちゃったんだね。今実家にいるの?
こっちに帰ってきたら、ウチで鍋でもやろうやv-218
tommyさん
福岡でミノ虫のような生活してますよ 
とりあえず何もせずに心と体のリハビリしてまーす
いつ頃お暇かしら?
ぜひぜひお会いしたいわ 
No title
もうすぐこっちはお正月です。正月は実家ですか?と聞きたくなったけど
日本は関係ないのですよね。ブログの更新が続いて何よりです。
ぜひ今後ともブログの更新を心よりお待ちしています。
こちらの学生さんがたにあなたのブログを読ませてみたい、と思います。
のんたん
もうすぐあけましておめでとう
来年もいい年になりますように

帰ってこないんですか?一時でも完全でもいいのですが・・・
こちらはチャイナカンパニーから足を洗ったので 年末のそわそわした感じは一切ありません 
ブログ学生さんに紹介してもよいですが何の足しにもならんので申し訳ないかなと
No title
面白すぎて笑い転げてしまいました!
姉さんの様子が目に浮かびます。
中学生の男の子の表情、見たかったな~
私も福岡に帰ってきました。遊んでください!
ミミルさん
お帰りなさい

この手のおとぼけならいっぱいあります
ドキドキですね

ランチしましょう メールします
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。