*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋大賞とモチベーションの持続
2011年本屋大賞が発表されましたね。


本屋大賞というのは「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本」らしいです

この「売りたい」っていう表現、面白い

売りたいって、この本は在庫多いからとか、あの作家いい人だから売りたいとか、

長いものには巻かれないといけないとか

純粋に良い本、面白い本だからという理由以外にも

店員の心理の微妙な動きから、

いちばん売りたい本が選ばれたとしたら、ドキドキな賞ですね

きっとそういうことはないんでしょうけど

売りたいって言葉は いろんな状況を想像させる言葉です

この賞は 一番売れた本じゃなくて 一番売りたい本におくられます

またそれが実際に売れたかどうかは不明










P1140736.jpg









さて、全国書店員が選んだいちばん売りたい本の大賞に選ばれた本を 

書店であえて買わずに

福岡の図書館で借りようとするなら

今調べたら、390人待ちです

恐ろしい。


1人2週間借りるとして この本は10冊あるので、

390人÷10冊×14日=420日


うぉ


今予約すると

420日後に読むことができます


一年以上かかる

やっと借りれるころには2012年の大賞が発表されてる

しかも 420ー365=55

2012年の大賞発表から55日過ぎたころに借りることになります

390番目に予約した人って 根気があるね





ちなみに 実家の近くの図書館も ある意味すごいです

調べてみたところ

今 同じ本を借りようと思ったら


1人待ち



すごい

すごいねえ

2週間後にはもう読めるよ


私がまだ この故郷の図書館のすごさをまだ知らなかったとき

ふらっと立ち寄ったこの図書館で

福岡では何百人待ちの本だけど、ここやったらまだ予約数は少ないだろうな

次に帰省した時ぐらいには借りれるやろ


ぐらいな軽い気持ちで予約しました



予約申込書に記入して 受付に渡したら



あ、この本 在庫ありますよって言われた

え?

ちょっと耳を疑った

まさかすぐ借りれるとは思ってないから 

在庫があるかどうか確かめないで予約申込書に記入したんですよね



不覚!!!

てか どうなってるの

この町の人は本を読まないのか



ホントこの時 この図書館と この町の住人のすごさを知りました


競争というのがないのかね


良い町です





そうそう この故郷の図書館の貸出カードを初めて作ったのは

小学生の時です

大体25年前ですね

それから ずーーっと放っておいて

カードもなくしてしまって

ずーーーっと借りてなかったので

この予約をするときに 一緒に貸出カードの新規申込み書も書いたんですけどね

受付の人に渡したら

以前 カード作ったことありますよね データ残ってます

って言われた

え?

ええ?

ホントこれにはびっくり!びっくりよ!


すごい!

すごすぎる

25年前って かなりアナログの時代ですよ

その時のデータが残ってるってすごくない?

年金の情報もアナログからデジタルに移行するときいろいろ問題あって 

何回も何回も 年金なんとか便が届きましたけれども


この図書館は なんとか便を送ることもなく きちんとデータが残っておりました

てか 何年間データとっておくの??

25年って

脱帽です

ありがとうございます

あの時の小学生が こんなんなっちゃいました



ちなみに福岡は3年ごとにデータ更新です

都会はきびしいねえ






そうそう 前置きが長くて 発表してなかった

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2011年本屋大賞」は以下の通りです


本屋さんが売りたい本なので 是非買っていただきたいのですが

不景気な世の中ですので 買えないという方もいらっしゃると思います

もし 福岡で借りられる場合は 420日後ですので 心して予約してください

モチベーションの持続の訓練になるかもしれません



大賞『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)386.5点
2位『ふがいない僕は空を見た』窪美澄(新潮社)354.5点
3位『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦(角川書店)310点
4位『錨を上げよ』百田尚樹(講談社)307.5点
5位『シューマンの指』奥泉光(講談社)270.5点
6位『叫びと祈り』梓崎優(東京創元社)263点
7位『悪の教典』貴志祐介(文藝春秋)259.5点
8位『神様のカルテ2』夏川草介(小学館)259点
9位『キケン』有川浩(新潮社)241点
10位『ストーリー・セラー』有川浩(新潮社)202点


詳しくは『本屋大賞』HPにて⇒http://www.hontai.or.jp
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
私の故郷の図書館はすんごく小さいです。
1月に行ったとき「暖房壊れてます」って言われて、我慢できなくて1時間も経たないうちに
飛び出してしまいました。
県立図書館は新設されてきれいなんですが…

そう、私、近々荷物とともに実家に帰ろうかと計画中です。
選挙に当選しましたが、公約はたさず途中放棄の予定。
明日ボスに話してみます。
今まで一人暮らしが良かったのですが、初めて実家に帰りたいと思いました。
親に心配かけちゃいますが少しは親孝行もできるかな~♪
No title
OH!
良く考えて出した結果だったら 応援します!
まぁどこででもなんとかなるよ 命さえあれば。
一度きりの人生と 一つだけの命だから 思いっきりエンジョイしてください
No title
ありがとうございます。
本当、命さえあれば何でもできますよね!
って、命があっても一生懸命生きないとダメなんですが…

私も姉さんのように毎日を大切に一生懸命に生きたいです。
人より色々遅いんで、50歳ぐらいになったら一生懸命生きられるようになってるかも。

ありゃ、暗い!
一度きりの人生、楽しまなくちゃですね☆
いつもありがとうございます!
No title
ミミルさんもすごく頑張ってるじゃない?履歴書をいっぱい送っていたのには脱帽しましたよ。私は真似できません。手書きとか最初からあきらめるもん。もしくはしれっとパソコンで打ったのを送るとか・・・。
もっともっと自分を褒めてあげてもいいと思いますよ。

自分に合ったライフスタイルと仕事がみるかるといいね。
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。