*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中華な脳みそ

会社に意思疎通不可能な人がいます

入社して数ヶ月です

ピチピチ新卒22歳です

前々からおかしいなと思ってたので

なるべく関わらないようにしてました


最近よく関わるようになったので

ここで 皆様にエピソードを紹介したいと思います


彼はパソコン・電話関係の仕事をしております

会社の内線番号などの管理などしております

最近 新しく内線を引いた部屋がありましたので

彼に確認の電話をしました




2008-04-17 031
会社非常階段からの大連




バ「あのー 201室の内線番号教えて」

彼「オペレーターに電話して聞いてください」

バ「は?内線番号を管理してるのあなただよね」

彼「いや 私は分かりません」

バ「え?なんであなた分からないの?あなたの仕事だよね?」

彼「内線を取り付けたときその場に私いなかったのでわかりません

  その場にいた王さんに聞いてください」

バ「じゃ王さんに電話かわってください」

彼「王さんは今日休みです」

バ「・・・・・・・・王さんもあなたもひとつの部門でしょ?

 そこに内線の一覧表があるよね?それみて調べてよ」

彼「表はありますけど 201室のところだけ空欄です」

バ「じゃ今後の為に調べて 表に記入しといて

彼「はい分かりました じゃ201の内線番号を教えてください

バ「・・・・・・・・何言ってるの? もういいよ」



ということがありました

若いのにおっさんみたいな切り替えし方です

最近の若い人でもこんな人いるんですね

ホント 摩訶不思議意思疎通不能です



このあと 仕方ないので オペレーターに電話して聞いたのですが

オペレーターも知らず

というか

彼の部門がオペレーターに通知して初めてオペレーターは内線番号を知るわけで

彼らが知らなければ

オペレーターは知るはずもなく


もう一度電話して 彼と話すと

頭が爆発しそうだったので

内線番号は不明のまま

週末を迎えることにしました



こういう人には最初にガツンといっとかないとダメですよね

どうなんでしょうか

どういう対応が正解なのでしょうか

その道に精通している人がいらっしゃいましたら

教えてください


Secret
(非公開コメント受付中)

はい、どうやらイケメンでも無いっぽいので、最初から
最後まで、ガツンコース満載で構わないと思います。

一度泣かせてみましょう。
それでダメなら見捨てましょう♪

男は、こうして強くなっていきますw
残念ながらうちの職場にもそういう人はいます…。
しかも社員。天然というかなんというか。
仕事が関わらなければいい人なだけに困ってます。

上↑の方同様、男ならガツンと言ってもいいんじゃないでしょうか。
それで改善されなければ、その方は仕事に向いていません。

中華な脳みそなのか、若者の脳みそなのか?

日本でもいます、中国の人のほうが堂々としているだけましなように最近思ってきました。
けいさん
直接の部下ではないので言いにくい&めんどくさい
ってのがあります
ガツンと言ってなるべく関わらないようにします


たえちゃん
日本人は痛いなーー痛すぎる
外国人同士だと文化が違うってあきらめられるけど
日本人だといらっとするねーー
そう考えるとまだマシなのか


なにを言うとりまんねんさん
中華&若者の脳みそでダブルパンチです
私の席の斜め後ろに同じような人がいるのですが
彼女1人ならまだしも2人は面倒見切れません
ので 斜め後ろの彼女に彼のことを頼みました
私がアナタにいって聞かせたことを彼にも言ってねと。
彼女も同じ脳みそなので効果があるかは不明ですが
その「イラっ」とする感覚、ありますね、たまに。
そういう時って「こいつ潮の引いた波打ち際に埋めてやろうかな」って思っちゃいます。
たえこさんのおっしゃるように、向いてないんですよね、そういう人って。
nakaさん

怖いわ~
潮の引いた・・・ってそういう発想はなかったです
中国長いあなたでもいらっとするんですねえ
いつもニコニコしているイメージなので想像できませんわ
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。