*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い女
みなさん暑いですか

私は 日曜日夜から 急に寒くなりはじめ

風邪を引きました

世間様は暑い中 

月曜火曜と 冬の制服を着て仕事しました

部屋の中では長袖で

窓を閉め

布団をかぶって寝ました

それでも寒い

おかしいよね



昨日の夜 熱を計ったら

なんと 35.5℃

え?

びびった

平熱は36.3度

壊れとるな この体温計

とおもい

脇を触ってみたら

すごくつめたかった

逆に 手のひらと足はすごく熱もってる

ためしに手のひらで 温度を計って見たら

37.0

え?

もう一回脇で計ったら 

やっぱり35.5度


やばい

私なんか悪い病気だ

このまま体温が吸い取られ死ぬんじゃないか

と思ってお友達に電話した

出ない

もう一人に電話した

出ない

もう終わりだ

ここで死ぬんだ

弱ってると全てを悪い方に考えてしまう

頭はがんがんし

体は寒く

全く寝られない


風邪を引いた自分を心から悔やんだ



a480c40b33efa7f2_o.jpg


そして 朝を迎えた

死んではいなかった


とりあえず ボスに電話し 休みをとった


昼頃 だいぶよくなってきたが

相変わらず寒い


3時ごろ ボスの秘書に用事があり 事務所に電話した

「タイヘーーン 水漏れ

とにかく来たら分かるから

もうこれ以上話せない」

といってこちらの用事も聞かぬまま

一方的に電話を切られた

ただならぬ声だった




実は 一年ぐらい前から 私は 頭の上に爆弾を抱えていた



というのは

私が座ってる場所の天井から よく水漏れする

何回か修理してもらったが 完全に修理することは不可能といわれ

あるとき 天井の中に洗面器を置かれた

つまり 水漏れしない為の応急処置だ

いや その場しのぎといってもいい

洗面器が置かれて一年

水がたまっては少し漏れ 

そのたびに 修理のおっちゃんが水を捨てにきてくれる



おっちゃんと 廊下ですれ違った時などは

「もうそろそろですよ」

「いや おれもそろそろかなってちょうど思ってたよ」

「じゃ換えにきてね」

「うん行くよ」

と二人にしか分からない会話を交わしたこともあった


またあるときは 水換えが終わって 心配そうにおっちゃんが

「これ 水がいっぱいになって 脳天に落ちてきたら 危ないから

席を移動したほうがよいよ」と言ってくれたこともあった


いやいや 机を移動するとか変なところに知恵を使う前に

真剣に修理してくださいよ

と心から思ったが めんどくさかったので 全てをそのままにしておいた




そうやって 漏れてはおっちゃんを呼び 水を捨て 

漏れ

呼び

捨て

と日本人から見たら 

お前たちはアホか

といわれそうな行為を繰り返しながら

日々は過ごしていった



ただ 本当に心配だったのは

お客さんが来てる時に 洗面器が満タンになり

天井が耐え切れず 洗面器が脳天に落ちてきたら・・・・

ということだった



水を頭からじゃーーーっとかぶり

最後に 洗面器がごーーんと脳天を直撃する

ドリフのコントのようなシーンだ

もし ホントにそんなことになってしまったら 

私はお客さんと話してる最中

頭からふってきた水でびしょぬれになり 

しかも洗面器で頭を打ち

お客さんに対してどういうリアクションしたらいいのか

そんなことを考えながら毎日仕事していた



そして 今日 恐れていたその日が来たらしかった

秘書の興奮ぶりから かなりの水漏れのようだった


心配になり 事務所に行ってみた



すごい

すごいことになってる

廊下まで水があふれていた



秘書がいた

わーーお

おい 秘書

大丈夫か

事務所にいた彼女は

まるでインディージョーンズの

ジャングルで ワニと戦ったヒロインのように

頭からびしょびしょだった


わーーーお


秘書の席でそれだったら

もし私が出勤してたら

ほんとにドリフだった

しかも洗面器つきだ



こわい

こわいよ



更に 幸運なことがあった

実は部屋で仕事をしようと思って

めったに持って帰らないパソコンを部屋に持って帰っていたため

重要なデータが入ったパソコンも 洪水から逃れた

奇跡だ


風邪を引きブルブル震えていた週頭

頭から水をかぶり パソコンが壊れる思いをするぐらいなら

まだ風邪を引いていた方が 何百倍もマシだと心から思った



このタイミングで風邪を引き

会社を休んだ自分は

本当に運のいいやつだと思った



今日はそんな水曜日だった



Secret
(非公開コメント受付中)

その寒気は風邪ではなく
水をかぶる羽目になるかもしれないことを
第6感が感じ取った寒気なんじゃ…?!
なにはともあれお体はお大事に!
↑そうですよね。第6巻だ。シリーズものですか?
すいません、第6缶だ。ビール飲みすぎ?

…ごめんなさい、もうしません。第6感です。

無事で何よりでした!
ところで体調は?
たえちゃん
第六感だったらすごいね
予言者にでも転職しようかしら

なかさん
え?
なんか酔っ払いのようなコメントですが?
「あの日休んだのはホントに運がいいよ」ってみんなに言われます 
商工会の忘年会で何も当たらなかった私の運は この日に使われたのだと自己分析しました
体調はだいぶよくなりましたが 裸でねるのはまだ寒く 昨日も夜中に服を着ました
バカボンさん。
いきなり本題から外れますが、、、

いつもバカボンさんの文章以上に、写真を面白く拝見させていただいています。
これってデジタル一眼レフで撮影されているんですか?

中国国内でそのような効果のものを持ち歩いても問題ありませんか?

中国の治安の悪さを皮肉っているんじゃなしに、どうしているのか知りたくて、真剣な質問です。
一眼レフです
たしかに一眼レフを持ってるとかなり目立ちます
危ないといえば危ないのかな?
幸い私は中国庶民にしか見えませんので、危険度は下がると思います 気をつけているのは路地裏の治安が悪そうなところではとらない 人を撮る時は先に写真をとってもいいかできるだけ聞く カメラを持っているときは貴重品をもちあるかない(ポケットに小銭いれてるだけ)、夜はあまりもちあるかないなどなどきをつけていまーーす

バカボンさん。 こんばんは。

バカボンさんの写真は中国らしさがよくでていて、大好きです。
バカボンさんに刺激されて、一時帰国した折に、SONYの一眼レフを買っちゃいました。SONYにしたのは、昔ミノルタの一眼レフを持っていたからでレンズを流用したかったからです。

なかなか、人の表情とか、町の表情とか、趣のある写真をとるのは難しいですね。 

バカボンさんのような写真が取れるようになりたいものです。
思ったんですけど 登山服みたいな あまりきれいじゃなく 観光でもなく お金ないけど写真好きなんだみたいなオーラをかもし出した格好だったら絶対大丈夫だと思います 男性は特に日本人だってすぐばれちゃいますから あんまりきれいなかっこうしないほうがいいかもですね ただ 知り合いにあったときがすごく恥ずかしいですけど 

昨日から自分がどうやってカメラを持ち歩いてるとかなとずっと考えてみてみたんですけど やはり最初はむずかしかったです でっかいカメラ持ってとりまくるのは。しかしだんだん慣れてきて今ではあまり抵抗ないです・・・なんでだろって考えたんですけど 目立たないようなかっこうして そしてきれいな風景を撮ってるように見せる ああ空がきれい 若葉がすばらしい 中国って素敵 こんな素敵な風景をぜひカメラに収めねば!という雰囲気をかもし出し きれいな空を撮ってるふりをして 別のものをさっととる 撮った後はやっぱり中国最高 写真最高の雰囲気をかもし出し 周りの風景を見渡し満足してるように見せかけてるな・・・・と思いました そうやってるとなんだか人が集まってきたり 写真とって!とよってきたり 不思議に受け入れられるようになりました 写真撮ってる時ってカメラに集中してるので 危ないですよね それはすごく感じます だから人が微妙にいるところで 何枚か撮ってみて反応を見てみる 撮り終わったら周りをの状況を確認する なんか変なことになってないかとか 問題なければ続ける みたいな感じですかね 物取りもいるし 撮られたくない人もいるし 撮ってはいけないものもあるし やはり外国だけに カメラの技術よりそちらの方が気を使いますね
それでも日本にないものがいっぱいあるので 形に残したいと思うんです せっかくだから感情が有る写真 ガイドブックのような写真ではなく 見たら感情みたいなのがにじみ出てくるようなそういう写真が好きですね 中国って感じがするじゃないですか 
テクニック的なことは全く分かりません めんどくさがりなので
だから 私の写真はほとんどが偶然の そして雰囲気でなんとなく撮ってる写真なのです
なんか興奮してきて長く書いてしまいました 
撮る場所 撮るもの 撮り方・・・・日本とは違った意味で 十分気をつけて 写真生活を楽しんでくださいv-14 安全第一!ではまた
す、すごい。
それは風邪でなく、予感による悪寒だったのか。。。

そこに鳥肌立ったわ~。
こわいですよね
でもほんとに風邪だったみたいです
運の強い女です
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お願い
このサイトに掲載されている画像・文章の無断転用・無断転載はご遠慮ください 。
にほんブログ村 写真ブログへ
FC2 Blog Ranking
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

Vagabonda

Author:Vagabonda
中国とかかわりあってすでに10年
中国とかかわりあうとありえんことがいっぱいおこります。
そんな時は、おすまし顔で『誠に申し訳アロマ船でした』と謝れば腹も立たんじゃなかですか?
日々のドキドキ、失敗、発見、喜びを福岡から配信します

Experience is what you get when you didn't what you wanted.経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。